peridontal chart
paro parostatus paro status parostatus paro status parodontologie
peridontal


入力の手引き

年令

患者さんの年令を入力してください

残っている歯の数(インプラントがあれば数に入れてください)

BOPの%を計算するために、インプラント数を含め残存歯数を入力ください(1-32、親知らずも含まれます)

歯周検査法の選択(点法)

歯周検査のため2点、4点、6点検査法の選択をおこなってください

歯周ポケットの出血

正しくBOP部位の総数を入力してください

歯周ポケット数5mm

プロービング時における、歯周ポケット5mm以上部位の総数を入れてください

失った歯の数

親知らずを含まない、1-28本までの失った歯の数を入力してください

歯槽骨の吸収度

最も進行した部位における歯槽骨喪失量を入力ください
根尖周囲を含めた
X-Ray撮影で、歯槽骨の吸収度の%は、セメントエナメル境界から歯根尖部までの歯根長に対する割合(mm)で計算されます  平行法のX-Ray撮影で歯槽骨の吸収度は、1mmの骨吸収につき、概ね10%として計算してください

年令に応じた骨吸収

骨吸収/年令で割り、年齢が若いほど数値が大きくなり、高いリスクとして計算されます

全身疾患、遺伝

全身疾患の有無で“はい”または“いいえ”を選択ください (1型、2型糖尿病、IL-1遺伝子型陽性等の全身的な疾患またはストレスなど)

喫煙

喫煙は歯周疾患の感受性や治療結果に影響を及ぼします
非喫煙、禁煙
5年以上(以前に吸っていた)1日に10本以内(時々吸う)、1日に1019本(中等度の喫煙)1日に20本以上吸う(ヘビースモーカー)の5つより選択ください


参考文献

LANG N P, TONETTI M S: Periodontal risk assessment (PRA) for patients in supportive periodontal therapy (SPT). Oral Health Prev Dent 1: 7-16 (2003).

文献のダウンロード

Feedback: feedback@perio-tools.com | date - 21.04.2018